研修医のみなさんへ

女性医師に対する支援

出産、子育て中の女性医師に対する支援システム

医局として男女問わず支援が必要なケースに支援をします。産休規定は大学病院では産前8週、産後8週、関連病院はそれぞれの病院に応じて規定があります。育休は、ポジションによって規定がない場合もありますが、おおよそ現在平均的な皮膚科医の復帰の目安としては、半年以内に復帰するケースが多いようです。医局としての規定はありません。その最大の理由は、支援とは、それを受ける女性医師の状況(本人が目指す夢、皮膚科医としてのキャリア、家庭環境や子供の年齢)に応じて、きめ細やかに質と内容の伴った支援策を模索していく必要があるからです。支援内容にバリエーションがあると、自分に何が必要なのか考えるので、自然に精神的な自立をうながし、環境を自分で整え、キャリアアップのモチベーションを保つ意識が高まると期待して、本人の努力によって100%になる支援システムにしています。

Q&A

まだ専門医を取得していませんが、妊娠出産した場合、キャリアが途切れるのが心配です。
心配することはありません。様々な技術や知識を取得する必要がある時期でも岡山大学では、学びながら子育てを可能にする女性医師復帰支援プログラムがあります(岡山MASCAT)。このポジションは皮膚科教室の定員とは別枠のため、一人前に働けなくても周りに迷惑をかけているという意識を持つ必要がありません。職場の仲間もあなたが働ける時間にがんばっているという姿を見て応援してくれます。女性医師先輩が利用して現場復帰している実績があります。
子育てが大変な時期こそ自分に投資する時間を持ちましょう。毎日少しづつ新しいことを学び、職場に貢献することによって皮膚科医としての自分が成長します。ゆっくりでもいいから、立ち止まらないように、医局は応援してくれます。
どのようなバックアップシステムがありますか?
岡山大学附属病院には、女性も男性も働きやすい病院作りをキャッチフレーズに、女性医療人のキャリア支援システム(岡山MASCAT)が4年前から立ち上がっており、支援内容が非常に充実しています。皮膚科学教室では、この支援システムを利用することによって、子育て時期の女性医師が、大学病院でパーソナルキャリア(組織を離れても役立つ専門知識や技術)の取得ができます。
ある程度皮膚科医としてのキャリアが確立した、子育て中の女性医師先輩達は、関連病院で非常勤皮膚科医(パートタイム)、夜間呼び出しや当直のない常勤ポジションを利用してワークライフバランスを保ちながら皮膚科医としてのパーソナルキャリアを活かして生き生きと活躍中です。
>> MUSCATプロジェクト
岡大の女性医師をめぐる雰囲気は、どんなかんじですか?
岡山大学皮膚科の特徴は、多様な価値観と家庭の状況に応じて、皮膚科医として働きたいという本人の意志を尊重する環境であること、幅広い年代で、開業医、勤務医、大学医師として活躍中の女性皮膚科医師が多いこと、また、興味が一致する医師同士で、交流を深めながら情報交換や助け合いのネットワークが発達していることです。強制的な雰囲気が全くなく、自由にネットワークができているのがとても良いとおもいます。あなたの目指すロールモデルを身近に見つけることが可能です。
また「岡山MUSCATの会」を利用しましょう。「後輩のサポートに協力したい・先輩のアドバイスを聞きたい」という、女性医師や医学生をメンバーとし、相談内容に対する「最適アドバイザー」を紹介など先輩から後輩へ知識と経験を伝えるサポートネットワークです。
>> 岡山MUSCATの会
子供がいても、バリバリ仕事をしたいのですが。できるでしょうか。
やる気があれば、社会的なバックアップ(院内保育所、病児保育所)を利用して一生懸命仕事をすることは可能・大歓迎です。皮膚科では、女性だから、ママだからできない、ということはほとんどありません。苦しい時に、つらいからと完全に休んでしまうとなかなか現場に戻りづらいという現状があります。できるだけ、少し辛いけどやればできる程度のところの環境に身を置くことが成長の秘訣です。皮膚科は奥が深く、あきることのない楽しい学問です。日常生活がタイトで大変でも、そのつらさを忘れる瞬間を経験すると、やっていてよかった。と思うことが多いのです。あなたの夢をかなえるために、タイムマネージメント、家事効率化、強い気持ちの持ち方をみんなで伝授します。大変なのは、あなただけではありません。一緒にがんばりましょう。

文責 青山裕美