研修医のみなさんへ

若手医師の声

大学院生の声

研究の道を選んだわけ
私は初期研修を終えて皮膚科専門研修を開始すると同時に、大学院への進学を選択しました。もともと学生時代の研究室配属で研究に対する漠然としたイメージを抱いてはいましたが、それはいつか大学院には行くだろうくらいの思いでした。しかしながらいざ専門研修を始めるにあたって、せっかくなら早い段階から研究を学ぶ方が良いのではないか、それによって専門研修がより充実したものになるのではないかと考えました。幸い岡山大学皮膚科には早い段階から研究を開始しているロールモデルとなる先輩医師が多く、不安なく思い切って飛び込むことができました。

院生生活
初期研修終了後は1年ほど日々皮膚科診療に従事しながら研究を行っていました。院生になることで臨床面でのスキルアップが人より遅れてしまうのではないかと心配もありましたが、岡山大学皮膚科では院生でも皮膚科診療に従事する時間・曜日が設定されており、メリハリをつけて臨床・研究に集中することができました。研究に関しては分からないことばかりでしたが、たくさんの先輩大学院生に細かな指導をして頂き、日々成長を感じています。もちろん研究だけでなく、週に一回の病棟総回診や病理カンファレンスなどあり、基礎から臨床までの幅広い知識を培う機会があります。岡山大学皮膚科は臨床と基礎研究をつなぐトレンスレーショナル・リサーチに重点を置いており、魅力的なシステムだと思います。

研究について
大学院では現在乾癬に関する研究を行っています。スタッフ・上級医の先生方は皆とても熱心かつ優しく、困ったときにはいつでも相談できるとても温かい環境です。森実教授自らご指導下さり、大変恵まれた環境だと感じています。また本年度からは川崎医科大学リウマチ・膠原病科でも研究させて頂いています。まだまだ研究者としては駆け出しですが、自分なりに疑問点を見つけ、そこから考察を広げて実験を計画していく面白さを実感しています。是非新しく皮膚科を専攻するにあたって、大学院進学という道についても皆さんに考えて頂きたいです。今はまだ「研究に興味なんかない」と思っている先生も、早い段階から味わってみることをお勧めします。岡山大学皮膚科で一緒に充実した日々を送れる同志をいつでもお待ちしています!

文責:池田賢太

後期研修医の声

私は現在、後期研修医1年目として岡山大学病院皮膚科で研修しております。
初期研修医1年目の12月に初めて岡山大学病院の皮膚科で研修をしました。他大学出身なので最初は馴染めるのかという不安もありましたが、そんな不安は全く必要ありませんでした。どの先生方も、とてもフレンドリーかつ熱心に指導してくださいました。私が岡山大学病院皮膚科に入局を決めたのは、学術的に皮膚科に興味があり、一般診療から手術まで幅広くこなすという科の特性に惹かれたということももちろんですが、この上級医の先生方のお姿に惹かれたこともとても大きいです。入局してから、ますますそのありがたさを実感しています。

次に、日々の生活について紹介します。
朝はまずチームで病棟回診をして、外来にて処置を行なったり、他科の患者さんのコンサルトを受けたりしています。午後からは主に入院中の患者さんの処置を行なっています。
また、週に3回手術日があり、局所麻酔の手術から全身麻酔の手術まで、多彩な手術を行っています。局所麻酔の手術などは上級医の先生方が指導してくださり、後期研修医が執刀することもあります。

入院患者のカンファレンス、病理カンファレンス、手術カンファレンスなど、様々なカンファレンスもあり、皆で意見の交換をすることが出来ます。自分のわからない症例についても、ここで他の先生方に聞くこともできます。
なお、週に2回ほど関連病院での診療を行っています。大学病院にはあまりこないようなcommonな疾患の患者さんも多く、どちらでも診療に当たれることで、とても勉強になっています。

皮膚科は女性の先生も多く、様々な働き方をしておられる方がいます。仕事と結婚・子育てを両立されている方も多くいらっしゃるため、そういった相談もしやすい環境が整っています。

日々勉強の毎日であり、大変な部分もありますが、上級医の先生方はとてもやさしく指導してくださり、とても良い環境で研修できていることを実感しています。
今後も初心を忘れず、日々研鑽に努め、皮膚科診療を極めていきたいと考えています。

文責:山ア江利子