医学生のみなさんへ

医学部6年次の学生さんへ

選択性臨床実習コースについて

選択制臨床実習は,学内を中心に行われる基本臨床実習の発展として、より多様な臨床体験を可能にするために実施する。また,複数の診療科の選択によって,将来的な進路決定に役立てることができる。

皮膚科選択性臨床実習(皮膚科アドバンスト)

特色:
皮膚腫瘍コース(学内)、一般皮膚科コース(学内+学外)を選択。皮膚腫瘍コースは皮膚腫瘍の診断、手術実習、術前・術後管理及び化学療法を中心に実習する。一般皮膚科コースでは外来診療(学内+学外)を中心に多様な皮膚疾患研修を行い、皮膚検査、生検、病理診断、蛍光抗体法などを理解する。

目的:
本格的なクリニカル・クラークシップを実践することにより、皮膚科で扱われる疾患をより深く理解し、皮膚科特有の処置・検査などを習得する。また、回診・カンファレンスに参加し、主治医として診断・治療法について立案・発表できるようになる。

実習期間:3週間
学外実習施設:岡山済生会総合病院皮膚科、川崎病院皮膚科、国立病院機構岡山医療センター皮膚科